新着情報

桜島ロードレース

12月13日、桜島溶岩グラウンドにて令和元年度桜島ロードレース大会が行われました。桜島溶岩ランニングコース(1周5㎞)で、男子は10㎞、女子は5㎞の距離を走りました。
学年別クラス対抗戦では以下のクラスが1位を獲得しました。
1年 総合学科F組
2年 普通科C組
3年 総合学科H組
天候にも恵まれ、生徒たちは練習の成果を思う存分出せたようです。

3年クラスマッチ

12月19日、3年生のクラスマッチが行われました。どのクラスも3年間で築き上げたチームワークは見事なもので、白熱した試合でした。優勝したクラスは以下の通りです。
男子サッカー   3年総合学科G組
男子バレーボール 3年総合学科E組
女子バレーボール 3年総合学科C組

総合学科 課題研究発表会

12月17日(火)、総合学科による課題研究発表会が体育館にて行われました。3年生は、それぞれが決めたテーマについて、この日に至るまで仲間と役割分担をしながら一生懸命取り組んできました。課題を立て、それを実験・検証し、結果を得て考察します。一連の流れをスライドにまとめ、その分野に詳しくない人たちにもわかるように説明しなければなりませんが、どの発表も起承転結が明確でわかりやすく、非常に興味深い内容でした。課題研究の経験は、社会に出たときに必ず役に立ちます。今回の発表を聞いた1・2年生も大いに刺激を受けたと思います。ぜひ、先輩たちの研究を超えるような活躍をしてもらいたいです。

令和元年度 課題研究発表会 発表者・テーマ

No 系列名 発表者名 タイトル
1 スポーツ科学系列 受講生 全員(12名) 心と体を整える
2 環境土木系列 久保 友宇輝(A組)
寺園 玲音 (C組)
強度を求めた軽量コンクリートへの挑戦
3 情報ビジネス系列 A・C組 受講生 究極のタピオカ
4 機械・自動車系列 杉山 善次郎(G組)
川前 伊織  (D組)
表札作成
5 電気系列 竹元 優一朗(A組)
有馬 義貴  (C組)
小豆野 一慧(E組)
高瀬 結 (E組)
阿久根 輝幸(F組)
木原 樹哉( F組)
電動自転車の製作
6 マルチメディア系列 永田 智矢実(B組) 鹿実のPR動画を作ろう
7 公務員教養系列 坂口 綾(G組) おもしろい心理

中水流さん 学園祭チラシ・デザイン部門

10月19日に本校で行われた令和元年度学園祭のチラシ・デザイン部門で中水流緋愛さん(3年文理科・清水中出身)の作品が選ばれました。

生徒コメント

なぜパンダなのか?なぜ焼きそばなのか?私も作成途中で何を描いているのか分からなくなりましたが,少なくとも私のイラストが誰かに刺さってくれたのなら幸いです。私の作品を選んでくれた方々に感謝します。

中水流緋愛さん(3年文理科・清水中出身)

令和元年度学園祭のチラシ・デザイン

全国大会壮行式

12月16日、全国大会に出場する陸上部の壮行式が体育館で行われました。中釜一喜校長は「厳しい練習に励み,心身ともに鍛えてきたと思います。たくさんの人たちが皆さんを応援しています。粘り強い走りを見せてください。皆さんの健闘と活躍を大いに期待しています。」という激励の言葉を贈りました。選手を代表して、陸上部主将の神薗竜馬君(3年総合学科・山川中出身)が「たくさんの方々のサポートと応援のおかげで全国大会へ出場することができました。この恩を走りで返せるように,不屈不撓の精神で精一杯頑張ってきます。」とお礼の言葉を述べました。

感謝状

この度,イオン九州株式会社から「ペットボトルキャップで世界の子どもにワクチンを届けようキャンペーン」に貢献したとして,感謝状をいただきました。鹿実では,生徒会を中心に,ペットボトルキャップを集めています。今後もさらに,様々な活動に積極的に取り組んでいきたいと思います。

ペットボトルキャップで世界の子どもにワクチンを届けようキャンペーン

津曲さん 久保さん 「小さな親切」運動鹿児島県本部賞 受賞

 「小さな親切」運動鹿児島県本部・令和元年度第6回「小さな親切」はがきキャンペーン「てのひら感謝状」が10月11日に行われました。津曲和さん(2年総合学科・帖佐中出身)と久保穂華さん(2年総合学科・市来中出身)が「小さな親切」運動鹿児島県本部を受賞しました。

【先生コメント】
 国語科 下原 文美先生
 表現の授業において「てのひら感謝状」に取り組み、今回総合学科から2名の生徒が県本部賞を受賞しました。(ほか優秀賞6名、特選7名、入選6名。)
身近な人へ感謝の気持ち、ふとした時に感じる周囲の優しさなどに改めて気づき、自分自身を振り返る良い機会になりました。生徒たちがそれぞれ体験して感じたその時の素直な気持ちが、自らを奮起させる源になっていることが読み取れる作品でした。

【生徒コメント】
 津曲和さん(2年総合学科・帖佐中出身)
私は、手のひら感謝状を書いて、どんな形であれ周囲の人達に感謝を伝えることはとても大切なことだと思いました。日常生活でなかなか言えない感謝を、これからは口に出して言えるような人になりたいです。

久保穂華さん(2年総合学科・市来中出身)
今回、手のひら感謝状を書く機会をいただいたことで周りの方々に支えられていることへの感謝の気持ちを再認識することができました。これからも、感謝の気持ちを忘れず、演奏で恩返しできるように頑張りたいです。

1学年 進路講演会

11月11日(月)、体育館にて大学新聞社で編集委員の河村治様をお迎えして、「文理選択のポイント」や「2020年度入試改革」についての最新の情報に関する講演会が行われました。
県外の進学校の取り組みも交えながら「成績アップのため10ポイント」、近年増加している推薦入試で重視されているポイントや面接試験で重視されていることなど、大学側の考えについてもお話ししていただきました。
物事の成功の秘訣は「情報収集」にあります。今回教えていただいたことを参考に、進路実現に向けて努めてもらいたいと思います。

1学年 進路講演会

中村亮土選手来校

令和元年10月30日 、 ラグビーワールドカップ2019日本大会 日本代表メンバーとして世界を相手に戦った 中村亮土選手が本校に来校してくださいました。中村亮土選手は、日本を初のベスト8進出に導いた一人であり、そのプレーで多くの人々に勇気と感動を与えてくれました。

本校ラグビー部OB (平成22年 総合学科卒) である中村亮土選手は、この鹿実で3年間培ってきたものが今の自分の基礎にあることを述べられ、「目標に向かって最後まで諦めなければ、結果が出ることを実際に証明できました。だから、鹿実の皆さんも今の夢を諦めないで努力し続けてほしい。今後も鹿実魂で日本を笑顔にできたらと思います。」とおっしゃられていました。

また、生徒たちからの質問にも、ユーモアを交えながら笑顔で応答してくださいました。中村亮土選手、お忙しい中来校ありがとうございました。そして、ベスト8本当におめでとうございます。

芸術鑑賞会

10月29日、芸術鑑賞会で中国雑技団・京劇公演が体育館で行われました。伝統的な技から,手に汗握る技まで,様々な演技を見ることができ,生徒からは大きな歓声が上がりました。体験コーナーもあり,中国の伝統と文化に触れられた貴重な機会となりました。

カテゴリ

アーカイブ