鹿実について

学校沿革

大正

大正05 10.19川島隼彦、私立鹿児島実業中学館を鹿児島市西千石町番所小路に創立
大正06 02.24私立鹿児島実業学校設立認可を鹿児島知事より受ける(内容商業科)
同日、今藤慶四郎、校長に就任
大正06 04.西田町に校舎新築移転
大正06 04.校主川島隼彦、校長に就任
大正09 04.工業科を増設し機械科、建築科、土木科、家具科、美術工芸科の5科に分ける
大正12 12.31実業高校令及商業学校規定、工業学校規定により、甲種程度として文部大臣の認可を受ける
市内薬師町甲突川畔に校舎新築、移転
大正15 01.21夜間商業本科(甲種で修業年限4年)併設の件文部大臣より認可を受ける
大正15 06.14夜間工業本科(甲種で修業年限4年)併設の件文部大臣より認可を受ける
大正15 10.19創立10周年記念式典を挙行

昭和

昭和06 04.鹿児島高等実業学校設立認可を鹿児島知事より受ける
昭和06 12.19校主校長川島隼彦、総長となる
児玉実良、校長就任
昭和08 12.27校長児玉実良、退職
副校長原田佐一郎、校長取扱に任命される
昭和09 12.23校長事務取扱原田佐一郎死亡
稲木利雄、校長事務取扱に任命される
昭和10 11.30校長事務取扱稲木利雄病気退職
後任校長に創設者川島隼彦就任
昭和11 10.19創立20周年記念式典を挙行
昭和12 12.12吉田三郎、副校長に就任
昭和17 01. 伊勢虎夫、鹿児島実業学校校長補佐に就任
昭和19 07.副校長吉田三郎退職
昭和20 08.06大空襲のため本校舎全焼(5,376.5平方メートル)、大破(480,2平方メートル)
昭和21 10.19創立30周年記念式典挙行
昭和21 12.28化学教室普通教室木造平屋建(198平方メートル)落成
昭和22 12.19財団法人川島学園設立認可
川島隼彦校長、理事長に就任
昭和23 04.01 教育制度改革により、鹿児島実業高等学校と改称し、附属鹿児島中学校を併設し、
高等学校は本科別科に分かれ、本科は普通科(昭27募集停止)、商業科、機械科、土木科、建築科(昭28募集停止)の5科を置く
昭和23 05.01普通教室(433.9平方メートル)中央校舎落成
昭和23 06.23財団法人川島学園鹿児島実業高等学校開校認可(全日制・定時制)
昭和23 09.16川島隼彦校長退職、名誉校長に就任
昭和23 09.17伊勢虎夫、校長に就任
昭和24 05~07宿直小使室(49.5平方メートル)、普通教室(西校舎 495平方メートル)落成
昭和25 08.職員室事務室会議室(224.4平方メートル)、普通教室本造2階建(660平方メートル)落成
昭和25 10.19創立35周年記念式典挙行
昭和26 02.27学校法人川島学園認可
昭和27 10.19講堂(延786平方メートル)落成式挙行
昭和27 11.03川島隼彦理事長、産業教育中央振興会会長高瀬荘太郎氏より表彰を受ける
昭和28 05.03川島隼彦理事長、鹿児島県知事重成格氏より私学功労者として表彰を受ける
昭和28 05.13川島隼彦理事長、学制改革80周年に当たり教育功労者として文部省より表彰を受ける
昭和29 03.31商業実践室ほか、モルタル2階建校舎(825平方メートル)落成
昭和30 10.19創立40周年記念式典挙行
昭和33 06.市内永吉町1,032番地にグランド(19,835平方メートル)新設
昭和34 11.28川島昭人、副理事長に就任
昭和35 02.10モルタル2階建校舎(396,696平方メートル)落成
昭和35 04.電気科新設
昭和35 05.25鉄筋コンクリート3階建校舎(354,046平方メートル)落成
昭和36 11.11理事長川島隼彦死亡退職
昭和36 11.15副理事長川島昭人、理事長に就任
昭和37 05.08鉄筋コンクリート3階建・4階建(4,414.10平方メートル)落成
昭和39 04.01 川内市隈之城町字霧島2205に川内分校新設、商業科、土木科、普通科の3科を置く
(43年に川内実業高等学校に、平成元年れいめい高等学校に改称)
昭和40 03.31機械科実習工場(556.48平方メートル)落成
昭和40 05.15鉄筋コンクリート3階建校舎(539.20平方メートル)落成
昭和41 02.01鉄筋コンクリート4階建校舎(1,829.70平方メートル)落成
昭和41 10.19創立満50周年記念式典挙行
昭和41 12.22鉄筋コンクリート3階4階建(3,531.90平方メートル)落成
昭和43 11.器械体操室(448.10平方メートル)4階増築
昭和43 11.04第3種電気主任技術者資格認定を通商産業大臣より受ける
昭和44 06.28電気実習室(840平方メートル)、土木実習室(525.00平方メートル)、柔道室(237.7平方メートル)落成
昭和47 10.05伊勢虎夫校長、学制百年記念教育功労者として文部大臣より表彰を受ける
昭和48 04.01重信武治、副校長に就任
昭和48 05.21市内永吉町1033-25に鉄筋コンクリート3階建寄宿舎(原良寮 3,806平方メートル)落成
昭和50 03.31副校長重信武治病気退職
昭和50 10.19創立60周年記念式典挙行
昭和51 04.01夜間部定時制廃止
昭和52 03.31伊勢虎夫校長退職
昭和52 04.01普通科設置
昭和52 04.01伊勢虎夫、川島学園長に就任
昭和52 04.01理事長川島昭人、校長兼任
昭和52 04.01蜷川利一、副校長に就任
昭和55 03.31伊勢虎夫学園長退職
昭和55 09.21市内小野町3690番地にテニスコート(4,959平方メートル)新設
昭和60 05.31市内犬迫町に総合グランド(34,000平方メートル)新設
昭和60 10.18市内吉野町1143番地に研修センター・禅道場新設
昭和60 10.19創立70周年記念式典挙行
昭和60 10.19セミナーハウス「黎明塾」・禅道場「静息庵」設立
昭和61 06.24大津篤造、理事長に就任
昭和61 06.24川島昭人、学園長に就任
昭和61 06.24蜷川利一、校長に就任
昭和62 09.14校舎(部室)プレハブ2階建1棟、駐車場新設

平成

平成02 06.28大津篤造、理事長辞任
平成02 06.28川島昭人、理事長に就任
平成05 04.01情報工学科設置
平成05 08.06鹿児島地方を襲った大雨により、校舎1階・地下浸水
平成06 03.31蜷川利一、校長退職
平成06 04.01二木賢、校長に就任
平成06 11.05野球グランド(14,800平方メートル)新設
平成07 02.15総合グランド(82,191平方メートル)新設
平成07 04.01学校移転、鹿児島市五ヶ別府町3591番地3
平成07 04.01校地80,970平方メートル・校舎等面積17,414平方メートル
平成07 04.01文理科設置、女子生徒入学(文理、普通、情報工学、商業科)
平成07 06.30部室5棟(824.05平方メートル)新設
平成07 10.19創立80周年記念式典挙行
平成08 03.12教室増設(1階東側3教室 301.11平方メートル)
平成08 08.31総合グラウンド管理棟(224.20平方メートル)新設
平成11 01.05工事担当者 学校認定(電気科)
平成11 04.01総合学科設置
平成12 04.01通信制課程設置(単位制)
平成12 04.01機械科・電気科・土木科・女子生徒募集(全学科)
平成12 05.29川島英和、副理事長に就任
平成13 03.31二木賢、校長退職
平成13 04.01上大園紘二、校長に就任
平成13 09.01川島昭人理事長辞任、学園長に就任
平成13 09.01川島英和、理事長に就任
平成13 09.16学園長(前理事長)川島昭人死亡退職
平成13 10.30学園長(前理事長)川島昭人学園葬
平成15 04.01学科再編(文理科・普通科・総合学科)、2学期制に移行、制服改定
平成17 10.19創立90周年記念式典を挙行(故川島昭人前理事長胸像・モニュメント「帆翔」設置)
平成19 03.31上大園紘二、校長退職
平成19 04.01中釜一喜、校長に就任
平成20 10.19城西校舎跡地に記念碑建立
平成20 10.29メイングラウンド(11,720平方メートル)新設
平成24 04.013学期制に移行
平成27 10.19創立100周年記念式典を挙行(「勤労の鐘」復刻)

令和

令和01 05.30サッカー場人工芝改修工事竣工祭挙行
(総合グラウンドの一部10.623平方メートルを人工芝整備)