学校生活

高校生のためのオンライン文化講演会 実施

6月18日本校体育館にて、「高校生のためのオンライン文化講演会」が公益財団法人一ツ橋文芸教育振興会主催により行われました。講師は批評家・随筆家の若松英輔先生で「言葉とコトバ―見えないおもいを受けとめる」という演目でお話を頂きました。16歳まで本を2冊しか読んだことがなかったそうですが、高校時代に時間を埋めるように読書を始めその楽しみを知ったそうです。詩を読み、愛しむような言葉に出会えるかどうかが大切で、まずは詩を作ってみる、文章を書き始めてから考えることが大切だとおしゃっていました。3年生にとって、これからの人生における言葉に対する考え方に示唆を与えていただきました。

高校生のためのオンライン文化講演会
高校生のためのオンライン文化講演会
高校生のためのオンライン文化講演会