部活動報告

書道部2年坂元里菜さん受賞

第4回九州高等学校総合文化祭熊本大会書道部門席上揮毫大会で,書道部2年総合学科の坂元里菜さん(山川中出身)が第3席を受賞しました。

部長コメント

新型コロナの影響で、各県で席上揮毫大会を実施し、熊本県で審査が行われるという例年とは違う大会となった。8月に審査のあった第51回鹿児島県高等学校書道展で準大賞を受賞した坂元里菜さんが、鹿児島県代表10名のうちの1名として出場した。
席上揮毫大会は、その場で出された課題を2時間で自分の力だけで書き上げる大会で、真の実力が試される大会だ。手本などの持ち込みは禁止されており、普段の古典臨書を生かして、作品構成から選書にいたるまですべて自分の力で行う。
坂元さんは行草作品に取り組んでおり、漢詩文を行草作品として仕上げるのは高いレベルが求められるが、初めての創作作品へのチャレンジにも真摯に取り組み、全国的にもレベルが高いとされる九州で第3席という結果を残せたことは今後の自信にもつながったと思う。ぜひこの経験を生かして今後も多くの創作作品にチャレンジしてもらいたい。

前畑 かおり部長

生徒コメント

今回、鹿児島県の代表として九州大会に出場させていただき、第3席という結果を残せたことに、自分でも驚いています。初めて創作に取り組み、2時間という限られた時間の中で、試行錯誤しながら作品を仕上げていきました。私にとって九州大会への出場はとてもいい経験になり、自分に足りないことなども見えてきました。
この経験を生かして作品制作に取り組み、自分の成長につながるように努力していきたいと思います。

坂元 里菜さん(2年総合学科・山川中出身)

坂元 里菜さん

カテゴリ

アーカイブ