部活動報告

書道部2年 坂元里菜さん・前村瑳希さん受賞

第51回鹿児島県高等学校書道展で,書道部2年総合学科の坂元里菜さん(山川中出身)が準大賞,2年普通科の前村瑳希さん(純心女子中出身)が高文連賞を受賞しました。

部長コメント

8月に審査が行われていたが、展示は12月の開催となった。鹿児島県内の高校から55校500点の応募があり、その中から、大賞に次ぐ準大賞に坂元里菜さんが入賞することができた。準大賞以上は10位以内ということになり、12月に行われた九州大会の鹿児島県代表の10名のうちの一人として出場する権利を得た。
また、準大賞の次点の高文連賞に前村瑳希さんが入賞し、上位50点以内に2名の入賞を果たすことができた。坂元さんの作品は、線の伸びやかさと強さで高い評価を得た。前村さんの作品は、淡墨で書かれた作品の雰囲気と詩文の世界観の調和が評価された。
今後の展覧会等でも、この結果を励みに頑張ってもらいたい。

前畑 かおり部長

生徒コメント

今回、準大賞というすばらしい賞をいただけると思っていなかったので、結果を聞いた時には驚きました。私は書道部に入部してからずっと、中国の明末清初の能書家、傅山の行草作品の臨書に取り組んでいます。墨量に変化をつけ、動きのある線で表現することに気を付けて作品制作をしました。
これからも、ひとつひとつの作品制作に集中して取り組み、自分の書と向き合っていけるように日々の練習に励んでいきたいと思います。

坂元 里菜さん(2年総合学科・山川中出身)

坂元 里菜さん

カテゴリ

アーカイブ