鹿実について

教育方針

校訓

ふくつふとう

不屈不撓

学園のことば

いかなる事業に従事するも 決して不平不満を念頭におかず
正直に勤勉し 屈せず撓まず将来向上発展の計画をなすべし
人間の事業成功は 不屈努力にあり 失望は痴人の断案である

建学の精神

本校は、『国家の繁栄と国民の福利は、殖産興業によるべし』との信念のもとに、産業立国の担い手として、誠実にして、忍耐強い産業人の育成を目標に、大正5年10月19日、故川島隼彦によって創立された。
この建学の精神を具現化するために、校訓「不屈不撓」と教育指針「誠実一貫」「静心無言」は創立以来伝承されている。

教育目標

日進月歩の科学技術の発達、高度情報社会へ対応するため、建学の精神を体得しつつ、知育・徳育・体育の均衡ある全人間教育を通じて生徒の個性と能力を伸ばし、国家社会の平和と進歩に貢献し得る人材の育成に努める。