学校生活

部活動

硬式野球部

専用の野球場で、基本練習を中心に行い、週末は他校との練習試合で実戦と共に交流などをしています。部の方針としては、人間教育を第一に考え、社会で通用する人材育成の場として活動している。

  • 甲子園出場28回(夏19回・春9回)優勝1回、ベスト4(2回)、ベスト8(5回)
  • 明治神宮大会出場1回(準優勝1回)
  • 国体出場6回(優勝・ベスト4・ベスト8 各1回)九州大会出場53回(優勝14回)

軟式野球部

全国選手権大会(明石)の出場を目標に、部員一丸となって練習に励んでいる。軟式ボールの特性を生かしながら、技術・精神力の強化を図り、チーム力アップで頂点に立ちたい。

  • 全国選手権大会出場8回(ベスト8(3回))
  • 国体出場3回(3位2回)
  • 九州大会優勝(6回)

テニス部(男・女)

  • 平成29年度新人戦(全国選抜県予選)男子団体2位・女子団体3位。
  • 平成29年度全国選抜九州地区予選5位入賞。
  • 平成29年度全国選抜高校テニス大会出場。
  • 平成30年度新人戦(全国選抜県予選)男子団体優勝・女子団体3位・男子個人ダブルス優勝。
  • 平成30年度全国選抜九州地区予選3位入賞。
  • 平成30年度全国選抜高校テニス大会出場。
  • 全国大会出場21回
  • 九州大会出場44回。

柔道部(男・女)

団体での全国大会出場を目指している。個人は県大会で常に上位進出、九州大会・全国大会に出場し、活躍している。

  • 全国高校総体優勝(1回)準優勝(1回)3位(3回)ベスト8(2回)
  • 金鷲旗高校柔道大会優勝(3回)3位(4回)
  • 九州高校総体優勝(1回)準優勝(3回)3位(1回)
  • 県大会優勝38回(全国高校総体県予選14回、県高校新人大会13回、県高校選手権大会11回)

相撲部

全国高等学校総合体育大会団体優勝1回 全国高等学校選抜相撲選手権大会団体優勝2回 全国高等学校選抜相撲宇佐大会団体優勝2回 全国大会個人優勝3回 九州大会団体優勝10回、個人優勝5回 の実績がある。学校内の相撲道場にて活動している。

剣道部(男・女)

インターハイ優勝等数々の成績を残すとともに、卒業生が全日本選手権等で各県の代表として出場し活躍するなど、輝かしい栄光と伝統を誇る部である。現在も全国優勝を目指し、日々、朝・夕の稽古に精進している。
今年度はインターハイ団体男女アベック出場を目指し頑張っている。

  • インターハイ団体出場16回 優勝(1回) 準優勝(1回) ベスト8(3回) 個人3位(2人)
  • 全国選抜大会出場11回 ベスト8(1回) 玉竜旗大会準優勝(2回) 3位(5回) ベスト8(3回) 連続24人抜き高橋孝司郎(大会記録)
  • 九州大会団体優勝(5回) 準優勝(4回) 3位(9回)
  • 九州選抜大会団体優勝(1回) 準優勝(2回) 3位(2回)

新体操部(男・女)

男子は昭和58年に創部され、これまで団体・個人ともに何度も全国大会に出場し、優秀な成績を残している。女子は平成8年度より活動を開始し、団体は13回、全国高校総体への出場を果たしている。現在は全国大会上位入賞を目指し、男女ともに頑張っている。

    男子

  • 県大会34年連続団体優勝
  • 全国高校総体団体4位(1回)
  • 国民体育大会4位(1回)
  • 県知事褒賞3回受賞
  • 南日本スポーツ賞3回受賞

  • 女子

  • 県大会13回団体優勝
  • 九州大会団体3位(1回)

サッカー部

  • 県大会優勝98回
  • 九州大会優勝13回
  • 全国大会出場56回
  • 全国高校選手権大会優勝(2回)準優勝(3回)3位(3回)
  • 全国高校総合体育大会準優勝(1回)3位(4回)
  • 全日本ユースサッカー選手権大会優勝(1回)準優勝(1回)3位(1回)
  • オリンピック代表7名輩出
    前園、城、遠藤(彰)、平瀬、遠藤(保)、那須、松井
  • ワールドカップ日本代表4名輩出
    城、遠藤(保)、松井、伊野波

ラグビー部(男・女)

  • 平成27年1月 第37回木元杯全九州高等学校新人ラグビーフットボール大会鹿児島県大会優勝
  • 平成27年3月 第18回鹿児島県高等学校セブンラグビーフットボール選手権大会優勝
  • 平成27年6月 68回全九州高等学校ラグビーフットボール競技大会鹿児島県予選大会優勝
  • 平成27年7月 第2回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会ボウルの部 ベスト8
  • 平成30年11月 第98回全国高等学校ラグビーフットボール競技大会5年連続19回目の出場。

陸上部(男・女)

  • 鹿児島県高校駅伝49回優勝
  • 全国高校駅伝出場回数全国歴代2位
  • 県高校新人駅伝19回優勝、全国高校総体
  • 国民体育大会毎年出場
  • 世界クロスカントリー日本代表
    瀬戸口賢一郎(モロッコ)・森賢大(フランス)・市田孝(ポーランド、スペイン)・有村優樹(スペイン)、ユースオリンピック1000m出場・高田康暉(シンガポール)、アテネオリンピック10000m出場・大野龍二

空手部(男・女)

心身の鍛練・礼儀作法、精神修行につとめ、市内大会・県大会の入賞を目指して頑張っている。基本練習と組手練習を中心に日々練習に取り組んでいる。

射撃部(男・女)

昭和40年に創部、全国大会優勝を目指し活動している。また卒業生の帖佐徳人氏と木場良平氏はオリンピック選手になり、木場氏はバルセロナオリンピック銅メダリストで日本ライフル界唯一のメダリストである。また、一昨年度は国民体育大会にて牛留慶貴がBP少年男子競技にて優勝を果たしている。

  • 九州・四国・中国射撃選手権大会優勝16回
  • 九州高校ライフル射撃選手権大会優勝 団体16回(AR男子13回、BR男子1回、BR女子1回)
  • 個人15回(AR男子12回、BR男子1回、BR女子1回、AP男子1回)
  • 全国高校ライフル射撃選手権大会(団体優勝AR男子6回
  • 個人優勝AR 2回)、国民体育大会(個人AR競技優勝1回
  • 個人BP競技優勝1回、準優勝4回)
  • ジュニアオリンピック大会(AP男子3位1回)
  • 南日本スポーツ賞団体5回・個人9回受賞
  • 第26回日本スポーツ賞受賞・知事表彰1回

バスケットボール部(男・女)

県大会上位入賞を目指し、日々練習に取り組んでいる。

  • 市内高校新人大会準優勝1回、3位1回

バレーボール部(男・女)

バレーボールを通して技術面だけでなく精神面も鍛えながら、全国大会出場を目指し、日々練習に取り組んでいる。

応援団部(男・女)

選手の力となれるよう日々の練習に精進している。硬式・軟式野球や駅伝・サッカー・ラグビーなどの県大会や全国大会では、全校生徒をはじめ同窓会や鹿児島県人会の方々と協力し声援を送っている。
チアリーディング競技では、チアリーダーとしての精神を磨くとともに、チーム一丸となって日々の練習に励んでいる。

  • JAPAN CUP 2018 日本選手権大会フライデートーナメント出場

卓球部(男・女)

過去には、日本代表6名、アジア選手権代表2名、県大会優勝10回以上等、輝かしい成績を残した。現在は初心者・経験者を問わず、全員の技術向上を目標とし、各大会における上位入賞を目指して毎日練習に励んでいる。

ソフトテニス部(男・女)

現在部員81名。メイングラウンド内のテニスコートで日々練習を行っている。男女インターハイ出場を目指し、チーム一丸となり練習に励んでいる。

  • 九州大会団体優勝8回、個人優勝4回
  • 全国大会団体優勝4回、個人優勝1回

バドミントン部(男・女)

インターハイ予選団体ベスト4をはじめ春季大会、県新人大会、総合選手権大会などでの上位入賞を目指し、日々練習に励んでいる。更なる高みを目指して、男女で頑張っている。文武両道を忘れず、これからも頑張っていきたい。

弓道部(男・女)

平成20年3月現在地に五人立ちの弓道場が完成した。礼儀作法・心身の鍛錬に心がけながら、全国大会出場を目指し、日々修練している。

  • 平成29年度県総合体育大会個人優勝
  • 平成29年度県新人大会個人4位入賞
  • 平成30年度国民体育大会出場
  • 平成30年度県新人大会団体・個人3位入賞

水泳同好会(男・女)

全国大会出場27回。個人優勝(平成23年度インターハイ)2~8位入賞、九州大会毎年出場[女子団体優勝(平成22年度)2~3位、個人優勝、2~8位入賞]県大会[団体優勝(男子10回、女子7回)個人優勝、2~8位まで毎回入賞]。様々なスイミングクラブに所属しているが、大会では実業として一緒に参加している。

フットサル同好会(男・女)

フットサルの好きな生徒が集まり、楽しく活動するとともに、年数回鹿児島県フットサル連盟主催の大会に出場し、上位入賞を目指している。