学校案内
学科紹介
学園生活
進路情報
入試情報
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

部活動報告2017

柔道部 団体 準優勝  実 錬真君 優勝 九州大会へ

10月26日  (投稿日:2017年11月17日)

 10月26日からの2日間、第65回鹿児島県高等学校新人柔道競技大会が鹿児島アリーナ武道場で行われました。団体戦では準優勝、個人戦では100kg超級の実 錬真君(2総合学科・古仁屋中出身)が優勝、100kg級の山元 隆一君(1総合学科・川内北中出身)が3位、60kg級の髙倉 優君(2総合学科・鹿屋東中出身)が3位という結果でした。団体と個人の実 錬真君は、11月に長崎県で行われる九州大会に出場します。

 

団体メンバー

山元 隆一君(1年総合学科・川内北中出身)
菅 太陽君 (1年総合学科・立神中出身)
保島 堅吾君(2年総合学科・古仁屋中出身)
実 錬真君 (2年総合学科・古仁屋中出身)
川畑 陸君 (2年総合学科・山川中出身)
高倉 優君 (2年総合学科・鹿屋東中出身)
通村 剛志 (2年総合学科・金久中出身)

 

【監督のコメント】

県総体に続いての団体準優勝。本当に悔しい結果となりましたが、次の県大会で団体優勝をして全国大会に出場できるように、これからも稽古に励み、さらに実力をつけていきたいと思います。九州大会では「鹿実らしさ」を発揮し、粘り強く戦いたいと思います。
大会当日会場まで足を運んで応援してくださった方々、いつもサポートしていただいている方々に感謝いたします。ありがとうございました。

横峯 亨 監督

 

【代表生徒のコメント】

団体戦では、準優勝という悔しい結果で終わってしまいましたが、個人戦では優勝できました。九州大会では、練習の成果を発揮して団体、個人で優勝を目指します。

実 錬真君(2総合学科:古仁屋中出身)

ページトップへ