学校案内
学科紹介
学園生活
進路情報
入試情報
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

部活動報告2019

射撃部 女子団体優勝

6月14日  (投稿日:2019年06月24日)

6月14日から3日間、2019年度九州高等学校ライフル射撃競技大会が鹿児島県ライフル射撃場で行われ、少年男子団体3位、少年女子団体優勝を果たしました。少年女子団体は22年ぶり3回目の優勝でした。

〈少年男子団体メンバー〉             〈少年女子団体メンバー〉
神田 孔明君(3年総合学科)            有水 萌子さん(2年普通科)
冨山 龍雅君(3年総合学科)            田所 未妃さん(2年普通科)
 村山 貴哉君(2年総合学科)            内山 姫賀さん(2年総合学科)
 
個人戦の結果は以下の通りです。

○ビームライフルMIX競技 
第3位 有水 萌子(2年普通科)村山 貴哉(2年総合学科)

○ビームライフル少年女子立射60発競技
第1位 有水 萌子(2年普通科)
第2位 内山 姫賀(2年総合学科)

○ビームライフル少年男子立射60発競技
 第2位 村山 貴哉(2年総合学科)

○ビームピストル少年女子60発競技
 第2位 櫛山 風音(2年総合学科)
 第3位 宮田 菜々子(2年普通科)

射撃部 女子団体優勝
ページトップへ

柔道部 山元君優勝

5月28日 5月29日  (投稿日:2019年06月07日)

第69回鹿児島県高等学校柔道競技大会が5月28日から5月29日の2日間、鹿児島アリーナで行われました。個人戦で、100kg超級で山元隆一君(3年総合学科・川内北中出身)が優勝、60kg級で立石恭大君(3年総合学科・南種子中出身)が2位、81kg級の菅太陽君(3年総合学科・立神中出身)と66kg級の立石倫大(2年総合学科・南種子中出身)がそれぞれ3位という結果でした。
山元隆一君と立石恭大君は6月15日から佐賀県基山市で開催される九州大会と8月9日から鹿児島市で開催される全国大会に出場します。

〈監督からのコメント〉
横峯 亨 監督
団体での全国大会出場は叶わなかったが、個人で2名全国大会に出場する。出場できない部員、県内の選手の思いを胸に、全力で闘ってもらいたい。
いつも応援していただきありがとうございます。感謝いたします。

〈主将代表コメント〉
山元 隆一君(3年総合学科・川内北中出身)
今年は、鹿児島市で全国高校総体が開催されるので、地元の応援を力に鹿実の代表、鹿児島の代表として堂々と闘い、上位入賞を目指していきたい。

柔道部 山元君優勝
ページトップへ

テニス部 男子団体優勝 女子団体準優勝

4月23日  (投稿日:2019年06月07日)

令和元年度鹿児島市高校テニス大会が4月23日から3日間、県立鴨池庭球場で行われ、男子団体が7年連続14回目の優勝、女子が第2位という成績でした。

出場選手
男子団体
辻 陽平(3年普通科・和田中出身)
堀口心夢(3年普通科・帖佐中出身)
狩行紀希(3年普通科・舞鶴中出身)
米倉拓海(3年普通科・緑丘中出身)
泊口啓樹(2年普通科・城西中出身)
上原幹太(2年普通科・郡山中出身)

女子団体
前原愛香(3年総合学科・西紫原中出身)
中薗愛華(3年総合学科・武中出身)
中薗聖華(3年総合学科・武中出身)
山田桃華(2年普通科・川内南中出身)
小坂 伶(2年総合学科・南種子中出身)

男子ダブルス
優勝:辻 陽平(3年普通科・和田中出身)狩行紀希(3年普通科・舞鶴中出身)ペア
準優勝:堀口心夢(3年普通科・帖佐中出身)道込祐聖(3年総合学科・西紫原中出身)ペア
女子ダブルス:前原愛香(3年総合学科・西紫原中出身)山田桃華(2年普通科・川内南中出身)ペア

【監督よりコメント】
県高校総体の前哨戦となる大会であった。男子団体は県総体を見据え、引き締まった試合をすることができた。7連覇を果たすことができたが、県総体までの一ケ月を緩めることなく強化していきたい。女子団体は昨年と同様の準優勝であったが、3年生が底力を見せ、良い試合をすることができた。個人戦でも結果を残すことができたが、気を緩めることなく、5月の県高校総体へ精進をさせていきたい。
監督中島健一郎

【生徒コメント】
先輩たちの思いを継いで優勝することができました。5月にある県高校総体で優勝し、全国大会へ出場するために、今以上に練習を重ねて、強くなりたいです。応援よろしくお願いします。
辻陽平(3年普通科・和田中出身)

テニス部 男子団体優勝 女子団体準優勝
ページトップへ

テニス部 男子団体準優勝 女子団体第3位

5月22日  (投稿日:2019年06月07日)

テニス部 男子団体準優勝 女子団体第3位
第51回鹿児島県高等学校テニス競技大会が5月22日から5日間の日程で知覧テニスの森公園、県立鴨池庭球場で行われた。男子団体準優勝、女子団体第3位という結果でした。また、個人戦では男子シングルスで狩行紀希(3年普通科・舞鶴中出身)が第3位、堀口心夢(3年普通科・帖佐中出身)が第4位入賞、男子ダブルスで辻 陽平(3年普通科・和田中出身)狩行紀希(3年普通科・舞鶴中出身)ペアが準優勝しました。

出場選手
男子団体
辻 陽平(3年普通科・和田中出身)
堀口心夢(3年普通科・帖佐中出身)
狩行紀希(3年普通科・舞鶴中出身)
米倉拓海(3年普通科・緑丘中出身)
上原幹太(2年普通科・郡山中出身)

女子団体
前原愛香(3年総合学科・西紫原中出身)
中薗愛華(3年総合学科・武中出身)
中薗聖華(3年総合学科・武中出身)
山田桃華(2年普通科・川内南中出身)
小坂 伶(2年総合学科・南種子中出身)

【監督コメント】
男子団体は惜しくも僅差で敗れたものの、選手は最後まで諦めず、懸命にプレーを続けることができた。女子団体は力及ばず敗退したが、多くのことを学ぶことのできた試合であった。男子団体は6月宮崎で開催される九州大会へ出場する。また、個人では狩行紀希(3年普通科・舞鶴中出身)が全国大会へ出場することが決まっている。気を緩めることなくさらに精進していきたい。
監督中島健一郎

【生徒コメント】
惜敗したが、この負けを忘れず、次の戦いに努力していきたい。最後までレギュラーと控えの心が一つになって戦えたことを誇りにしたい。
辻 陽平(3年普通科・和田中出身)

テニス部 男子団体準優勝 女子団体第3位
ページトップへ

新体操 男子優勝 女子準優勝

5月17日  (投稿日:2019年06月07日)

5月17日から2日間、令和元年度鹿児島県高等学校総合体育大会が鹿児島県総合体育センター体育館で行われ、男子団体優勝、女子団体準優勝、男子個人総合で吉留大夢君(2年総合学科・川内南中出身)が3位、女子個人総合で内田あゆみさん(3年総合学科・高宮中出身)が去年に優勝し果たし、2連覇を成し遂げました。
女子団体及び男子団体、女子個人総合優勝の内田さんは、6月14日から長崎県にて行われる全九州高等学校体育大会と8月5日から鹿児島県にて行われる全国高等学校総合体育大会に出場します。

〈男子団体メンバー〉
藤本 祥太君(3年総合学科・平成中出身)
斉藤 方星君(3年総合学科・山川中出身)
田邉 真生君(3年総合学科・緑丘中出身)
羽山薗 迅君(3年総合学科・吉野中出身)
吉留 大夢君(2年総合学科・川内南中出身)
小田 悠仁君(2年総合学科・薩摩中出身)
木ノ下 功陽澤君(2年総合学科・加治木中出身)
東 鳳雅君(1年総合学科・甲東中出身)

〈女子団体メンバー〉
満留 綾香さん(3年総合学科・伊集院北中出身)
内田 あゆみさん(3年総合学科・高宮中出身)
飯野 日菜さん(3年総合学科・川内中央中出身)
馬原 友里奈さん(2年総合学科・筑山中出身)
大津 朝さん(2年総合学科・筑山中出身)
大久保 凜音さん(2年総合学科・伊集院北中出身)
入佐 綺ララさん(1年総合学科・伊集院北中出身)
田畑 優空さん(1年総合学科・武岡中出身)

〈監督からのコメント〉
樋口 靖久 監督(男子監督)
男子団体は、今年度は地元鹿児島での全国高校総体開催であり、そこに向けて弾みとなる大会としたかったが、まだまだ実力不足は否めず、今後更にレベルアップし、会場に足を運んでくださる観客の方々に楽しんでもらえる演技ができるように練習していきたい。個人競技の吉留生徒は、大幅に自己ベストを更新し、成長の跡が見られ良かったと思う。

水元 菜央 監督(女子監督)
女子団体は昨年に引き続き準優勝に終わり、悔しい思いでした。個人競技は、3年生の内田生徒が昨年の県総体に続き個人総合優勝を果たし、良かったと思います。今後は、九州大会や地元開催の全国高校総体に向けて、個人、団体ともに好成績を収められるように頑張っていきたいと思います。

〈主将代表コメント〉
(男子)藤本 祥太君(3年総合学科・平成中出身) 
 今年度は地元で全国高校総体が開催されるので、それを目標に練習に取り組んできた。今回の試合で見つかった課題や反省点をしっかり修正し、本番の全国高校総体では鹿実らしい演技が出来るように頑張りたい。

(女子)満留 綾香さん(3年総合学科・伊集院北中出身)
 今大会の団体競技では、ミスが出てしまい、自分たちの力を発揮出来ずに悔しい結果となりましたが、沢山の応援を受けながら、準優勝という形で全国高校総体への出場権を獲得することが出来ました。今大会を通して、改めて地元開催の有難たさと責任の重さを感じることが出来たので、全国高校総体では感謝の気持ちを忘れず、精一杯戦ってきます。

ページトップへ

軟式野球 優勝

4月20日 4月21日  (投稿日:2019年05月17日)

4月21日から3日間、第53回九州地区高等学校軟式野球大会が出水市総合運動公園野球場で行われ、優勝を果たしました。

結果
準決勝 対 津久見高校(大分)3-1
決 勝 対 文徳高校(熊本) 4-2

メンバー

佐多 滉生君 (3年総合学科・桜丘中出身)
満尾 泰樹君 (2年普通科・吉野東中出身)
德永 太陽君 (3年普通科・田代中出身)
谷口 太一君 (3年総合学科・谷山中出身)
栫 悠真君 (3年総合学科・河頭中出身)
目床 晃大 (3年総合学科・鴨池中出身)
宮﨑 海誠君 (2年総合学科・野間中(福岡)出身)
後藤 大翔君 (2年総合学科・紫原中出身)
髙倉 拓馬君 (3年普通科・伊敷台中出身)
仮屋 隼人君 (3年総合学科・皇徳寺中出身)
中島 虎汰朗君 (3年総合学科・帖佐中出身)
福元 将悟君 (3年総合学科・海陽中出身)
鎮守 将大君 (3年総合学科・紫原中出身)
瀬戸山 太一君 (2年総合学科・星峯中出身)
百枝 友粋君 (2年総合学科・松元中出身)
隈元 泰志君 (2年総合学科・武中出身)
中山 虎南君 (3年総合学科・天保山中出身)
沖 厚志郎君 (3年総合学科・星峯中出身)

記録員
古川 あいみさん (3年総合学科・伊敷中出身)

〈監督からのコメント〉
井上 洋一監督
地元開催の九州大会を優勝という形で締めくくれたことを大変嬉しく思います。準決勝・決勝と僅差の試合展開で、我慢の連続でしたが、しっかりと耐えて戦うことができました。最終目標である夏の大会に向けて、弾みのつく結果となりましたが、あくまでも通過点と考えています。今回の結果に満足せず、更なる高みを見据えて夏に向けて精進していきたいと思います。

〈主将代表コメント〉
鎮守 将大君(3年総合学科・紫原中出身)
秋の九州大会での初戦敗退から冬場のきつい練習を乗り越え、春の九州の頂点に立つことができて嬉しく思います。投手陣が少ない失点に抑えて、好機で確実に点数を取るという自分たちの野球ができて良かったです。次は夏の全国大会に向けた戦いが始まります。3年生のとっては最後の大会です。残り少ない時間を大切にして練習に励み、県大会・南部九州大会を勝ち上がり、4年ぶりの全国大会出場を目指します。

軟式野球 優勝
ページトップへ

バレーボール部(女子)優勝

4月20日 4月21日  (投稿日:2019年05月10日)

4月20日・21日、いちき串木野市総合体育館で全九州バレーボール総合選手権大会(高校女子の部)県予選会が行われ、優勝を果たしました。

バレーボール部(女子)優勝
バレーボール部(女子)優勝
ページトップへ