学校案内
学科紹介
学園生活
進路情報
入試情報
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

部活動報告2017

ソフトテニス部(女子)個人戦 3位入賞

11月26日  (投稿日:2017年12月11日)

 11月26日、鹿児島県インドアソフトテニス選手権大会が日置市の小鶴ドームで行われました。個人戦で亀田 真朋さん(2年総合学科・郡山中出身)・家村 和奈さん(1年文理科・桜丘中出身)ペアと松尾 百花さん(2年普通科・川内南中出身)・松島 紗蘭さん(2年普通科・武岡中出身)ペアが3位入賞を果たしました。

 

【監督のコメント】

 初めてこの大会の出場権を得ることができました。県内の高校トップレベルの選手や実業団の選手と試合をすることができ、非常に有意義なものとなりました。

大﨑 祐一 監督

ページトップへ

ラグビー部 4年連続19回目の優勝

11月18日  (投稿日:2017年11月29日)

 11月18日、第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会鹿児島県大会決勝戦が鴨池陸上競技場で行われ、4年連続19回目の優勝を果たしました。
ラグビー部は、12月に東大阪市で行われる第97回全国高校ラグビーフットボール大会に出場します。

 

【監督のコメント】

新人戦・総体と大差で優勝し,県大会負けなしで臨んだ九州大会。しかし準々決勝で佐賀工業に大敗。九州3位にはなったものの敗戦のショックは大きかったです。そこから自分達のラグビーがどうしたら全国でも通用するか考え,厳しい夏合宿を乗り越えてきた部員達。キャプテンが怪我で今大会は決勝だけの出場,脳震盪で司令塔の選手が退場など数々のアクシデントがありましたが,自分達のやるべきラグビーを最後まで信じ,全うした部員達の熱い気持ちが17点差をひっくり返す原動力につながりました。一昨年・去年と初戦敗退しているのでまずは初戦突破を目指して頑張ってきます。

富田 昌浩 監督

【代表生徒のコメント】

決勝では自分たちがこれまでやってきたことを発揮することができず、相手のペースに飲まれてしまいました。後半は相手の堅いディフェンスに苦しみながらも自分たちがやってきたことを信じ、確実にこなすことで逆転することができました。
花園では、県予選で出た課題を乗り切り、不屈の精神で鹿実ラグビーを貫きたいです。

原田 浩太郎君(3年文理科・西陵中出身)

鹿実ラグビー部19回目の優勝
ページトップへ

文芸同好会 鹿児島県高校生文芸コンクール 文芸誌部門 優秀賞   

 (投稿日:2017年11月27日)

 第17回鹿児島県高校生文芸コンクールにおいて、文芸同好会が文芸誌部門で優秀賞を受賞しました。
文芸同好会は、12月に沖縄県で行われる第1回全九州高等学校総合文化祭(文芸部門)に出場します。

 

【受賞作品】

作品名『果樹園』

●目次
【小説】
ユメ、ウツツ。ウツツ。
秘め事
張りぼてセカイの夜
ノット アローン
溶けた魔法にかかる
密室殺人…?
flood voyage
【詩】
むげんトンネル
その先には

文芸同好会受賞作品

ページトップへ

剣道部 女子団体 優勝  

10月26日  (投稿日:2017年11月27日)

 10月26日、鹿児島市高等学校剣道競技大会が松元平野岡体育館で行われ、女子団体戦で見事優勝しました。

 

団体メンバー

東 沙耶さん (2年普通科・名瀬中出身)
岡﨑 瑠璃杏さん (2年普通科・谷山北中出身)
野間 帆乃美さん (2年普通科・坂元中出身)
森元 美優さん (1年普通科・隼人中出身)
古江 桃奈さん (1年総合学科・和田中出身)
池 蘭々さん (1年普通科・松元中出身)

 

【監督のコメント】

予選リーグから、接戦の連続でしたが、それぞれの試合で粘り強く、そして勝負強い試合運びができたように思います。毎日稽古をつけてくれる3年生や応援にかけつていただいた保護者の皆様の支えがあってのことだと感謝しています。
当面の大きな目標は、12月15日(金)・16日(土)に行われる全国選抜大会の予選になります。生徒たちはここでの優勝を本気で目指しています。これからもご指導、応援、どうぞよろしくお願いします。

銀屋 健二 監督

 

【代表生徒のコメント】

昨年のこの大会では優勝することが出来ず、悔しい思いをしましたが、〝必ず優勝する〟という強い思いを背負って大会に臨みました。
その結果、県内の強豪校が集まるこの大会で優勝することができました。新チームが発足して約4ヶ月。先輩方の背中を追いかけ、ここまでやってきました。大会を通じて、チームの団結力も深まったと思います。
全国選抜大会予選まで残り1ヶ月を切りました。チーム一丸となり優勝を勝ち取り、3月の全国選抜大会への出場を決めたいと思います。応援よろしくお願いします。

東 沙耶さん(2年普通科・名瀬中出身)

ページトップへ

ソフトテニス部(女子) 団体戦 準優勝  個人戦 準優勝・5位 九州大会へ

11月6日  (投稿日:2017年11月20日)

 11月6日からの2日間、第42回鹿児島県高等学校新人ソフトテニス競技大会が鹿児島市営東開庭球場で行われました。団体戦では準優勝、個人戦では亀田 真朋さん(2年総合学科・郡山中出身)・家村 和奈さん(1年文理科・桜丘中出身)ペアが準優勝、松尾 百花さん(2年普通科・川内南中出身)、松島 紗蘭さん(2年普通科・武岡中出身)ペアが第5位という結果でした。団体と個人の4名は、12月に熊本で行われる九州大会に出場します。

 

団体メンバー

御領園 莉奈さん(2年文理科・伊集院中出身)
松島 紗蘭さん(2年普通科・武岡中出身)
松尾 百花さん(2年普通科・川内南中出身)
宮脇 優璃さん(2年普通科・鶴田中出身)
末吉 桃花さん(2年総合学科・郡山中出身)
亀田 真朋さん(2年総合学科・郡山中出身)
家村 和奈さん(1年文理科・桜丘中出身)
榎元 優月さん(1年総合学科・川内南中出身)

 

【監督のコメント】

このたびの新人戦では創部初の団体戦準優勝、個人戦においても準優勝・5位と過去最高の結果を残すことができました。出場した選手の努力はもちろんですが、サポートメンバーや親や先輩方の支え、毎週末熊本から来てくれるコーチの指導のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。
ただし、優勝できるチャンスがあったのも事実です。気持ちの弱さで負けてしまった悔しさを忘れてはいけません。とりあえず12月の九州大会まで必死に練習し、3月の全国選抜大会の出場権を勝ち取りたいと思います。これからも応援、よろしくお願いします。

大﨑 祐一 監督

 

【代表生徒のコメント】

私たちは今回の新人戦で団体戦・個人戦ともに九州大会出場を果たすことができました。選手、応援メンバー、先生方、コーチ、保護者、全員で勝ち取った結果だと思っています。しかし、私たちは「九州大会出場」ではなく「優勝」を目指して日々練習してきましたので、正直に言うと嬉しさよりも悔しさの方が大きく残りました。九州大会でその悔しさを晴らすために残りの約一ヶ月間必死に練習したいと思います。そして、2月の県春季大会では「優勝」を勝ち取りたいので、応援・ご支援のほどよろしくお願いします。

松尾 百花さん(2年普通科・川内南中出身)

 

 

ソフトテニス部女子01
ソフトテニス部女子02
ソフトテニス部女子03
ソフトテニス部女子03
ページトップへ

柔道部 団体 準優勝  実 錬真君 優勝 九州大会へ

10月26日  (投稿日:2017年11月17日)

 10月26日からの2日間、第65回鹿児島県高等学校新人柔道競技大会が鹿児島アリーナ武道場で行われました。団体戦では準優勝、個人戦では100kg超級の実 錬真君(2総合学科・古仁屋中出身)が優勝、100kg級の山元 隆一君(1総合学科・川内北中出身)が3位、60kg級の髙倉 優君(2総合学科・鹿屋東中出身)が3位という結果でした。団体と個人の実 錬真君は、11月に長崎県で行われる九州大会に出場します。

 

団体メンバー

山元 隆一君(1年総合学科・川内北中出身)
菅 太陽君 (1年総合学科・立神中出身)
保島 堅吾君(2年総合学科・古仁屋中出身)
実 錬真君 (2年総合学科・古仁屋中出身)
川畑 陸君 (2年総合学科・山川中出身)
高倉 優君 (2年総合学科・鹿屋東中出身)
通村 剛志 (2年総合学科・金久中出身)

 

【監督のコメント】

県総体に続いての団体準優勝。本当に悔しい結果となりましたが、次の県大会で団体優勝をして全国大会に出場できるように、これからも稽古に励み、さらに実力をつけていきたいと思います。九州大会では「鹿実らしさ」を発揮し、粘り強く戦いたいと思います。
大会当日会場まで足を運んで応援してくださった方々、いつもサポートしていただいている方々に感謝いたします。ありがとうございました。

横峯 亨 監督

 

【代表生徒のコメント】

団体戦では、準優勝という悔しい結果で終わってしまいましたが、個人戦では優勝できました。九州大会では、練習の成果を発揮して団体、個人で優勝を目指します。

実 錬真君(2総合学科:古仁屋中出身)

ページトップへ

バドミントン部 女子団体3位

2017年10月23日〜25日  (投稿日:2017年11月14日)

 10月23日からの3日間、第50回鹿児島県高等学校新人体育大会バドミントン競技が桜島総合体育館で行われ、女子団体3位という結果でした。

メンバー

上原 百世さん(2年普通科・吉野中出身)
川﨑 美空さん(2年総合学科・坂元中出身)
考  優花さん(2年普通科・坂元中出身)
小原 未嵯さん(2年総合学科・緑丘中出身)
玉利 香菜さん(1年文理科・南中出身)
山田 愛呼さん(2年総合学科・伊敷中出身)
永田 あいさん(1年普通科・武中出身)

【監督のコメント】

 選手達は、3年生の結果を超えるために、日々練習に励んできました。3年生が引退し、新チームでこの大会をまずは目標にやってきました。日々辛いことがあったと思いますが、チーム一丸となり団体3位を勝ち取ることができました。これからも練習に励み、更に実力をつけて、優勝することを目指して頑張りたいです。保護者の皆様、いつもサポートしていただいている方々に感謝いたします。ありがとうございました。これからも男女で上位を目指して頑張ります。

吉元 一馬 監督

【代表生徒のコメント】

この大会で鹿児島実業高校初の団体3位に入ることができたことを本当に誇りに思う。素晴らしい成績を修めることができたのも、監督をはじめ私たちを支えてくださっているすべての方々のお陰だと思う。これから、九州大会・全国大会を目標に、部員全員が一丸となって日々の練習に励んでいきたい。

上原 百世さん(2年普通科選抜・吉野中出身)

テニス部男子
ページトップへ

テニス部 男子団体2位 女子団体3位 九州大会へ

2017年10月07日  (投稿日:2017年11月14日)

 10月7日からの4日間、鹿児島県高校新人テニス競技大会が知覧テニスの森・加世田総合運動公園で行われ、男子団体2位、女子団体3位という結果でした。男女団体ともに、佐賀県で行われる九州大会へ出場します。

男子メンバー

山下 慶祐君(2年文理科・緑丘出身)
松田 佳親君(2年普通科・帖佐中出身)
小川 凌君(2年総合学科・緑丘中出身)
田中 雄大君(2年総合学科・皇徳寺中出身)
辻 穣君(2年総合学科・城西中出身)
狩行 紀希君(1年普通科・舞鶴中出身)
米倉 拓海君(1年普通科・緑丘出身)
辻 陽平君(1年普通科・和田中出身)
堀口 心夢君(1年普通科・帖佐中出身)
道込 祐聖(1年総合学科・西紫中出身)

女子メンバー

中濱 友希(2年文理科・山川中出身)
柳 友里愛(2年総合学科・西紫原中出身)
小川 ゆめ(2年総合学科・陵南中出身)
西 真代(2年総合学科・城西中出身)
樋口 明日茄(2年総合学科・南中出身)
勇 透子(2年総合学科・西紫原中出身)
中薗 聖華(1年総合学科・武中出身)
中薗 愛華(1年総合学科・武中出身)
前原 愛香(1年総合学科・西紫原中出身)

【監督のコメント】

 男子団体は決勝で敗退した。勝敗を左右すると見られたダブルスを取れなかったのが敗因であった。11月の全国選抜九州予選では上位に入り、3月の全国選抜テニス大会の切符を手に入れたい。また、女子団体は準決勝、3位決定戦とも諦めずに戦うことができた。特に3位決定戦では相手校にマッチポイントを握られながら逆転し、昨年度に続き九州大会への出場を決めることができた。
 男女とも、秋から冬へもう一度強化し、チーム力を上げていきたい。

中島 健一郎 監督

テニス部男子
テニス部女子
ページトップへ

射撃部 国体優勝

 (投稿日:2017年10月04日)

10月1日(月)に行われた、第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」ライフル射撃少年男子ビーム・ピストル(40発)競技において、牛留慶貴くん(3年総合学科・星峯中出身)が優勝しました。

優勝 得点230.9点 ※大会新

部長のコメント

日頃から競技に真剣に向き合い努力していたので、このような素晴らしい結果が出てとてもうれしい。今大会の鹿児島県選手団として初の優勝ということもあり鹿児島県にも大きく貢献できた。

本村 浩臣 部長

射撃部国体優勝01
射撃部国体優勝02
射撃部国体優勝03
ページトップへ

女子ソフトテニス部 個人戦優勝

 (投稿日:2017年09月21日)

鹿児島県高校1・2年生学年別ソフトテニス選手権大会が8月20日に鹿児島市営東開庭球場で行われました。1年生の部で、家村和奈さん(1年文理科・桜ヶ丘中出身),新納美羽さん(1年総合学科・西陵中出身)のペアが優勝、2年生の部で、松尾百花さん(2年普通科・川内南中出身),松島紗蘭さん(2年普通科・武岡中出身)のペアが準優勝という結果でした。

監督のコメント

本校のソフトテニス部(女)の歴史の中で初めて個人戦優勝(1年生の部)、準優勝(2年生の部)を勝ち取ることができました。今後は11月の県新人戦で勝ち上がり、12月の九州新人戦に出場できるように、意識を高く持って練習に取り組ませたいと思います。

大﨑 祐一 監督

体育大会
体育大会
ページトップへ

射撃部JOCジュニアオリンピックカップ3位

 (投稿日:2017年09月16日)

9月8日~10日に行われたJOCジュニアオリンピックカップにおいて、エアーピストル男子60発競技において、牛留慶貴くん(3年総合学科・星峯中出身)が3位、大山竜史くん(3年総合学科・伊集院北中出身)が7位入賞という成績を収めました。

部長コメント
「20歳以下の選手がランキングや成績によって出場できる、日本オリンピック委員会の名が冠についている唯一の大会で、大学生も参加する中で自分の射撃をしっかりと行い、好成績を収めることができた。牛留くんに関しては1位2位が大学生だったので高校生としてはトップの成績であった。今後もこのような大会に多くの生徒が出場できるように日々の練習に取り組んでいきたい。」

本村 浩臣 部長

射撃部JOCジュニアオリンピックカップ

ページトップへ

クラスマッチ

2017年07月11日  (投稿日:2017年07月20日)

 7月11日~13日、学年別にクラスマッチが行われました。
各競技の優勝クラスは以下の通りです。

競技 1学年 2学年 3学年

バレー(男子)

総合学科・E組

総合学科・G組

総合学科・E組

バレー(女子)

総合学科・D組

総合学科・E組

総合学科・E組

ソフトボール

総合学科・B組

文理科・A組

総合学科・A組

クラスマッチ
クラスマッチ
クラスマッチ
クラスマッチ
ページトップへ

ラグビー部 全国大会壮行式

2017年07月10日  (投稿日:2017年07月18日)

 全国大会に出場するラグビー部の選手の壮行式が、7月10日に体育館で行われました。
中釜一喜校長から、「今までに出場してきた大会の経験を活かし、鹿実生らしく気迫をもって臨んでほしい」という激励の言葉が送られ、選手を代表して、主将の原田浩太郎君(3年・文理科)が、「全国大会では、ベスト8越えを目指して、不屈不撓の精神で頑張りたいと思います。」と抱負を述べました。

ラグビー部 全国大会壮行式
ラグビー部 全国大会壮行式
ページトップへ

夏期全国大会出場選手

2017年07月03日  (投稿日:2017年07月12日)

〇ソフトテニス部(女子)
期日・大会名
7月26日(水)~29日(土)に会津総合運動公園テニスコートで行われる、平成29年度全国高等学校総合体育大会ソフトテニス競技大会 平成29年度全日本高等学校ソフトテニス選手権大会に以下の選手が出場します。

出場選手
榎元 愛笑(3年普通科・川内南中出身)
松島  紗蘭 (2年普通科・武岡中出身)

〇ソフトテニス部(男子)
期日・大会名
7月22日(土)~25日(火)に会津総合運動公園テニスコートで行われる、平成29年度全国高等学校総合体育大会ソフトテニス競技大会平成29年度全日本高等学校ソフトテニス選手権大会に、以下の選手が出場します。

出場選手
窪田 航(3年文理科・鴨池中出身)
山角 晃平(3年文理科・西陵中出身)

〇ラグビー部
期日・大会名
7月14日(金)~17日(月)に江戸川陸上競技場で行われる、アシックスカップ2017第4回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会に、以下の選手が出場します。

出場選手
原田 浩太郎(3年文理科・西陵中出身)
稲森 悠真 (3年総合学科・伊敷中出身)
小濱 康嵩 (3年普通科・伊敷台中出身)
治野 賢至 (2年文理科・清水中出身)
有田 闘志樹(3年総合学科・喜入中出身)
西村 晃毅 (2年普通科・星峯中出身)
山戸 幸紀 (2年総合学科・鍋島中出身)
田村 文哉 (3年総合学科・金岡南中出身)
金井 海希也(2年総合学科・西陵中出身)
黒葛野 拓夢(2年総合学科・隼人中出身)
嶺田 雄大 (3年普通科・西紫原中出身)
手蓑 陸人 (2年総合学科・清水中出身)
宮元 直琉 (3年総合学科・紫原中出身)
東  啓太郎(3年総合学科・郡山中出身)
竹内 義毅 (2年総合学科・清水中出身)

〇弓道部
期日・大会名
8月1日(火)~4日(金)にカメイアリーナ仙台で行われる、平成29年度全国高等学校総合体育大会弓道競技大会第62回全国高等学校弓道大会に、以下の選手が出場します。

出場選手
大山 滉平 (2年普通科・西陵中出身)

〇射撃部
期日・大会名
7月27日(木)~31日(月)につつがライフル射撃場で行われる、平成29年度全国学校ライフル射撃競技選手権大会に、以下の選手が出場します。

出場選手
久留米 歩美(3年普通科・伊集院中出身)
深谷 泰造 (3年普通科・川内南中出身)
東 廉人  (3年総合学科・武岡中出身)
上村 健士郎(2年総合学科・皇徳寺中出身)
東福 侑己 (2年総合学科・桜丘中出身)
中村 智紀 (2年総合学科・伊集院北中出身)
西 海飛  (2年総合学科・吉野中出身)
西田 貴幸 (2年総合学科・伊敷中出身)

〇柔道部
期日・大会名
8月8日(火)~11日(金)に郡山総合体育館で行われる、第66回全国高等学校柔道大会に以下の選手が出場します。

出場選手
平山 大智 (3年総合学科・財部中出身)

〇書道部
期日・大会名
8月1日(火)~3日(木)に仙台市青葉体育館・仙台国際センターで行われる第41回全国高等学校総合文化祭(宮城大会)に以下の選手が出場します。

出場選手
本田 野乃佳(3年文理科・南中)

〇新体操部
期日・大会名
8月10日(木)~12日(土)に山形市総合スポーツセンターで行われる平成29年度全国高等学校総合体育大会新体操大会に以下の選手が出場します。

出場選手
女子
福留 里澪 (3年総合学科・清水中出身)
室田 奈都美(3年普通科・吉野中出身)
山下 菖  (3年総合学科・川内南中出身)
衛藤 実優 (2年総合学科・当仁中出身)
永野 春菜 (1年総合学科・紫原中出身)
内田 あゆみ(1年総合学科・高宮中出身)
細田 亜美 (2年普通科・甲南中出身)
満留 綾香 (1年普通科・伊集院北中出身)

男子
吉留 大雅 (2年普通科・川内南中出身)

また、7月3日(月)に、夏期全国大会出場生徒に記念タオルが贈呈されました。

 夏期全国大会出場選手
 夏期全国大会出場選手
ページトップへ

射撃部 全国大会出場

2017年06月15日~06月18日  (投稿日:2017年06月29日)

 平成29年度九州高等学校ライフル射撃選手権大会が6月15日から18日の4日間、宮崎県ライフル射撃場で行われ、BP部門で大山くん(3年・総合学科)が3位、牛留くん(3年・総合学科)が8位入賞し、AR部門で久留米さん(3年・普通科)が8位入賞しました。

 また、以下の8名の生徒が7月に行われる全国大会に出場することが決定しました。
深谷泰造(3年・普通科)   久留米歩美(3年・普通科) 東廉人(3年・総合学科)
上村健士郎(2年・総合学科) 東福侑己(2年・総合学科) 中村智紀(2年・総合学科)
西海飛(2年・総合学科)   西田貴幸(2年・総合学科)

部長コメント

本村浩臣 部長
8名の生徒が7月に行われる全国大会へ出場することになった。全国大会で上位入賞するためには、まだまだ点数を伸ばさなければならないので、残り1ヶ月で調整しもう一回り成長してもらいたい。射撃場も遠く全体的に実射の練習量が少ないので、その辺りを工夫していきたい。

ページトップへ

柔道部 団体準優勝 平山君優勝

2017年05月31日~06月01日  (投稿日:2017年06月15日)

 第67回鹿児島県高等学校柔道競技大会が5月31日から6月1日の2日間、鹿児島アリーナで行われました。団体戦では準優勝、個人戦では、90kg級で平山大智君(3年総合学科・財部中出身)が優勝、100kg級で山元隆一君(1年総合学科・川内北中出身)が準優勝、60kg級の高倉優君(2年総合学科・鹿屋東中出身)と100kg超級の前山倖希君(3年総合学科・金久中出身)がそれぞれ3位という結果でした。
団体と山元君は6月17日から大分県別府市で開催される九州大会に出場し、優勝した平山君は九州大会と8月8日から福島県郡山市で開催される全国大会に出場します。

監督・代表コメント

横峯亨 監督
 21年ぶりの団体準優勝。本当に悔しい結果になりました。選手たちは優勝するために、日頃から厳しい練習を乗り越えてきました。優勝できなかった悔しさを忘れず、これからも更に稽古に励み、更に実力をつけていきたいと思います。九州大会、全国大会では県大会同様、粘り強く戦いたいと思います。
大会当日会場まで足を運んで応援してくださった方々、いつもサポートしていただいている方々に感謝いたします。ありがとうございました。

コメント

平山大智 君
 今回個人優勝できたのは、応援してくださった方々のおかげだと思います。九州大会や全国大会では、感謝の気持ちを忘れず、少しでも良い結果を残せるように頑張ります。

柔道部  団体準優勝
ページトップへ

フットサル同好会 鹿児島県大会 優勝

2017年5月27日  (投稿日:2017年06月06日)

 第4回全日本ユース(U-18)フットサル大会鹿児島県大会が5月27日、鴨池ドームで行われ、フットサル同好会が優勝しました。

 

監督コメント

野呂 監督

 7チームが参加の予選リーグの後、2チームずつ勝ち上がりで決勝トーナメントとなった。決勝戦は先制されたものの、キックオフ直後のループパスで得点し、前半を2-1で折り返した。後半に追いつかれたが、終盤にドリブルからのファーづめで得点し、突き放した。

 2年生と3年生がうまく組み合わさりゲームプラン通りに進めることができた。大応援に後押しされ生徒も普段以上の力が出せた。
九州大会でも一丸となって戦い、鹿児島県の代表として2位までに入り全国大会出場を勝ち取りたい。

 

生徒代表コメント

兵頭 拓実 君(3普 皇徳寺中出身)

 天草遠征や佐賀遠征で県外の強豪と試合を重ねていたので自信はあった。決勝は大応援に勇気づけられて、そこまでの3試合の疲れも忘れていた。

 九州大会でも周りへの感謝の気持ちを忘れずに、鹿児島の他の学校の為にもしっかり勝利し全国大会出場を決めたい。今年は7月の神戸で開催されるグリーンアリーナカップにも出場するのでチームとしてさらにレベルアップさせていきたい。

フットサル同好会 全日本ユース フットサル大会鹿児島県大会 優勝

ページトップへ

新体操部 男女団体優勝

2017年05月19日~20日  (投稿日:2017年05月26日)

 5月19・20日、鹿児島県総合体育センター体育館で平成29年度鹿児島県高等学校総合体育大会新体操大会が行われ、男女共に団体で優勝しました。

 また、男子個人総合では、吉留大雅君(2年普通科・川内南中出身)が優勝、石牟禮華月君(2年総合学科・川内南中出身)が2位、女子個人総合では、衛藤実優さん(2年総合学科・当仁中(福岡)出身)が優勝という成績でした。

 女子団体及び男子個人優勝の吉留君、女子個人優勝の衛藤さんは、8月10日から山形県で行われる全国大会に出場し、男子団体は全国大会出場を懸けて6月22日から宮崎県で行われる九州大会に出場します。

コメント

紙屋勝博 部長

 男子団体は、結果としては良い内容となり、次に繋がるものになった。この経験を九州大会に生かし、全国大会の出場権を獲得したい。女子団体は、県総体13連覇を達成し、インターハイ出場を決めた。いつもに増して厳しい状況での試合であったが、生徒たちはこれまでで最高の演技を行い、勝利することができた。九州大会、全国大会でも同様の演技ができれば、上位進出も期待できると感じている。

 個人競技においては、男女とも昨年優勝した吉留君と衛藤さんが連覇を達成し、男女共に九州大会、インターハイの出場権を獲得した。さらに良い成績が残せるように、生徒の頑張りに期待したい。

ページトップへ

九州地区高等学校軟式野球大会 準優勝

2017年04月23日~25日  (投稿日:2017年05月17日)

 第49回九州地区高等学校軟式野球大会が4月23日から3日間、沖縄県北谷公園野球場で行われ、軟式野球部が準優勝しました。

監督コメント

井上 洋一 監督

初戦の無死満塁のピンチなど苦しい展開であったが、少ない好機を活かして勝利できた。準決勝は相手のミスもあり、コールド勝ちすることができた。決勝は昨秋の決勝と同じ組み合わせであり、リベンジを果たすために冬場のトレーニングに励んできた。しかし、序盤でミスが重なり、大量失点してしまった。負けはしたものの、相手の速球投手に対してしっかり対応できたことなど、夏に向けて課題と収穫を得た大会となった。
夏の大会まで約2か月、2年ぶりの全国大会出場を目指して、準備を進めていきたい。

ページトップへ

テニス部 男子団体優勝 女子団体3位

2017年04月25日~27日  (投稿日:2017年05月16日)

平成29年度鹿児島市高校テニス大会が4月25日から3日間、知覧テニスの森公園で行われ、男子団体が5年連続12回目の優勝、女子団体が3位という成績でした。

監督コメント

中島 健一郎 監督
県高校総体の前哨戦となる大会であった。男子団体は第2シードであったが、第1シードの鹿工に決勝戦で気力負けせず勝利し、5連覇することができた。女子団体は3位であったが、上位シードとの差は僅差であった。男女個人ダブルスも結果を残したが、気を緩めることなく、5月の県高校総体に向けて精進させていきたい。

男子団体メンバー
菖蒲谷 太地(3年普通科・伊敷中出身)
濱田 拳(3年普通科・東谷山中出身)
内園 侃志(3年総合学科・吉野中出身)
山下 慶佑(2年文理科・緑丘中出身)
辻 陽平(1年普通科・和田中出身)
堀口 心夢(1年普通科・帖佐中出身)

女子団体メンバー
諏訪原 葵(3年総合学科・緑丘中出身)
新留 真子(3年総合学科・城西中出身)
山口 紗耶馨(3年普通科・天保山中出身)
中島 優紀(3年普通科・清水中出身)
中濱 友希(2年文理科・山川中出身)

テニス
テニス
ページトップへ