学校案内
学科紹介
学園生活
進路情報
入試情報
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

部活動報告2017

柔道部 団体準優勝 平山君優勝

2017年05月31日~06月01日  (投稿日:2017年06月15日)

 第67回鹿児島県高等学校柔道競技大会が5月31日から6月1日の2日間、鹿児島アリーナで行われました。団体戦では準優勝、個人戦では、90kg級で平山大智君(3年総合学科・財部中出身)が優勝、100kg級で山元隆一君(1年総合学科・川内北中出身)が準優勝、60kg級の高倉優君(2年総合学科・鹿屋東中出身)と100kg超級の前山倖希君(3年総合学科・金久中出身)がそれぞれ3位という結果でした。
団体と山元君は6月17日から大分県別府市で開催される九州大会に出場し、優勝した平山君は九州大会と8月8日から福島県郡山市で開催される全国大会に出場します。

監督・代表コメント

横峯亨 監督
 21年ぶりの団体準優勝。本当に悔しい結果になりました。選手たちは優勝するために、日頃から厳しい練習を乗り越えてきました。優勝できなかった悔しさを忘れず、これからも更に稽古に励み、更に実力をつけていきたいと思います。九州大会、全国大会では県大会同様、粘り強く戦いたいと思います。
大会当日会場まで足を運んで応援してくださった方々、いつもサポートしていただいている方々に感謝いたします。ありがとうございました。

コメント

平山大智 君
 今回個人優勝できたのは、応援してくださった方々のおかげだと思います。九州大会や全国大会では、感謝の気持ちを忘れず、少しでも良い結果を残せるように頑張ります。

柔道部  団体準優勝
ページトップへ

フットサル同好会 鹿児島県大会 優勝

2017年5月27日  (投稿日:2017年06月06日)

 第4回全日本ユース(U-18)フットサル大会鹿児島県大会が5月27日、鴨池ドームで行われ、フットサル同好会が優勝しました。

 

監督コメント

野呂 監督

 7チームが参加の予選リーグの後、2チームずつ勝ち上がりで決勝トーナメントとなった。決勝戦は先制されたものの、キックオフ直後のループパスで得点し、前半を2-1で折り返した。後半に追いつかれたが、終盤にドリブルからのファーづめで得点し、突き放した。

 2年生と3年生がうまく組み合わさりゲームプラン通りに進めることができた。大応援に後押しされ生徒も普段以上の力が出せた。
九州大会でも一丸となって戦い、鹿児島県の代表として2位までに入り全国大会出場を勝ち取りたい。

 

生徒代表コメント

兵頭 拓実 君(3普 皇徳寺中出身)

 天草遠征や佐賀遠征で県外の強豪と試合を重ねていたので自信はあった。決勝は大応援に勇気づけられて、そこまでの3試合の疲れも忘れていた。

 九州大会でも周りへの感謝の気持ちを忘れずに、鹿児島の他の学校の為にもしっかり勝利し全国大会出場を決めたい。今年は7月の神戸で開催されるグリーンアリーナカップにも出場するのでチームとしてさらにレベルアップさせていきたい。

フットサル同好会 全日本ユース フットサル大会鹿児島県大会 優勝

ページトップへ

新体操部 男女団体優勝

2017年05月19日~20日  (投稿日:2017年05月26日)

 5月19・20日、鹿児島県総合体育センター体育館で平成29年度鹿児島県高等学校総合体育大会新体操大会が行われ、男女共に団体で優勝しました。

 また、男子個人総合では、吉留大雅君(2年普通科・川内南中出身)が優勝、石牟禮華月君(2年総合学科・川内南中出身)が2位、女子個人総合では、衛藤実優さん(2年総合学科・当仁中(福岡)出身)が優勝という成績でした。

 女子団体及び男子個人優勝の吉留君、女子個人優勝の衛藤さんは、8月10日から山形県で行われる全国大会に出場し、男子団体は全国大会出場を懸けて6月22日から宮崎県で行われる九州大会に出場します。

コメント

紙屋勝博 部長

 男子団体は、結果としては良い内容となり、次に繋がるものになった。この経験を九州大会に生かし、全国大会の出場権を獲得したい。女子団体は、県総体13連覇を達成し、インターハイ出場を決めた。いつもに増して厳しい状況での試合であったが、生徒たちはこれまでで最高の演技を行い、勝利することができた。九州大会、全国大会でも同様の演技ができれば、上位進出も期待できると感じている。

 個人競技においては、男女とも昨年優勝した吉留君と衛藤さんが連覇を達成し、男女共に九州大会、インターハイの出場権を獲得した。さらに良い成績が残せるように、生徒の頑張りに期待したい。

ページトップへ

九州地区高等学校軟式野球大会 準優勝

2017年04月23日~25日  (投稿日:2017年05月17日)

 第49回九州地区高等学校軟式野球大会が4月23日から3日間、沖縄県北谷公園野球場で行われ、軟式野球部が準優勝しました。

監督コメント

井上 洋一 監督

初戦の無死満塁のピンチなど苦しい展開であったが、少ない好機を活かして勝利できた。準決勝は相手のミスもあり、コールド勝ちすることができた。決勝は昨秋の決勝と同じ組み合わせであり、リベンジを果たすために冬場のトレーニングに励んできた。しかし、序盤でミスが重なり、大量失点してしまった。負けはしたものの、相手の速球投手に対してしっかり対応できたことなど、夏に向けて課題と収穫を得た大会となった。
夏の大会まで約2か月、2年ぶりの全国大会出場を目指して、準備を進めていきたい。

ページトップへ

テニス部 男子団体優勝 女子団体3位

2017年04月25日~27日  (投稿日:2017年05月16日)

平成29年度鹿児島市高校テニス大会が4月25日から3日間、知覧テニスの森公園で行われ、男子団体が5年連続12回目の優勝、女子団体が3位という成績でした。

監督コメント

中島 健一郎 監督
県高校総体の前哨戦となる大会であった。男子団体は第2シードであったが、第1シードの鹿工に決勝戦で気力負けせず勝利し、5連覇することができた。女子団体は3位であったが、上位シードとの差は僅差であった。男女個人ダブルスも結果を残したが、気を緩めることなく、5月の県高校総体に向けて精進させていきたい。

男子団体メンバー
菖蒲谷 太地(3年普通科・伊敷中出身)
濱田 拳(3年普通科・東谷山中出身)
内園 侃志(3年総合学科・吉野中出身)
山下 慶佑(2年文理科・緑丘中出身)
辻 陽平(1年普通科・和田中出身)
堀口 心夢(1年普通科・帖佐中出身)

女子団体メンバー
諏訪原 葵(3年総合学科・緑丘中出身)
新留 真子(3年総合学科・城西中出身)
山口 紗耶馨(3年普通科・天保山中出身)
中島 優紀(3年普通科・清水中出身)
中濱 友希(2年文理科・山川中出身)

テニス
テニス
ページトップへ